手首の痛み!TFCC損傷と腱鞘炎の違い

手首が痛い!TFCC損傷と腱鞘炎のサポーターは同じで良いの?

手首に痛みの出る怪我というと「腱鞘炎」を思い浮かべる人が多いでしょう!しかし、最近ではTFCC損傷という手首の小指側の痛みに悩む主婦やサラリーマンやアスリートが増えてきました。

 

あなたは、腱鞘炎とTFCC損傷の違いを正しく理解しているでしょうか?

 

今回は、TFCC損傷と腱鞘炎の違いを踏まえた上で、治療法や手首用のサポーターは同じで良いのか解説します!

 

どちらも完治までの期間が長くなると厄介な怪我であることはご存知でしょう。きちんとこの2つの違いを理解して、正しい対処法を心がけましょう!

 

手首が痛い!TFCC損傷と腱鞘炎の違いとは?

TFCC損傷も腱鞘炎も手首に痛みを感じるという面で言えば、同じでしょう。重症化するとなかなか治らないことや、きちんと対策を練っていないと悪化や再発を繰り返すのも似ていますね!

 

「ん?じゃあこの2つの怪我はなにが違うの?」と思った方も多いでしょう。

 

それは、傷める場所です!TFCC損傷は三角繊維軟骨複合体(軟骨+靭帯)を傷める怪我で、腱鞘炎は腱鞘(腱の一部)を傷める怪我なのです。

 

前者は突発的なダメージ(交通事故や捻挫)で起こることが多く、後者は慢性的な筋疲労によって起こるとされてきました。

 

しかし、最近では慢性的なダメージからTFCC損傷に陥る人も増えています。では、治療法もほぼ同じと考えていいのでしょうか?

 

5614884583_f1b9da34ac_o

 

TFCC損傷と腱鞘炎の治療はほぼ同じ!

病院に行くと、TFCC損傷も腱鞘炎も基本的には保存療法が用いられます!湿布やサポーターやステロイド注射等を使って痛みと炎症を無くすような治療方法です。

 

例えば、湿布やステロイド注射は患部の痛みと炎症を抑える薬をピンポイントに効かせるために使いますし、サポーターやテーピングは手首の関節運動を制限することで炎症部にかかるダメージを少なくするために使います。

 

これらの治療法や治療に使う道具はほとんど変わりないと言えるでしょう。サポーターも手首用で固定力の高いものであれば腱鞘炎でも、TFCC損傷でも使えます!

 

損傷や炎症を起こしている部分が違うというだけなのです。

 

ですから、最近では腱鞘炎もTFCC損傷もその他手首の痛みも、特別なこと(尺骨突き上げ症候群等)がない限りは同じような根本の原因から派生してなっているのではないかという考えも生まれています。

 

もし、あなたが手首の痛みにお困りなら、この根本の原因を解消するような治療法を行ってみてはいかがでしょうか...

 

・「もう手術しかない」と言われたTFCC損傷にも効果を発揮!
→ 10万人の患者を治した!完全版TFCC損傷治療法マニュアル

 

・どのサポーターを買っていいかわからないあなたにおすすめ!

→ TFCC損傷用サポーターランキングトップ3

 

・期間限定公開!TFCC損傷の原因に”直”で効くサプリメント!

最新の軟骨再生サプリメントの効果の秘訣とは?

 






※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サポーターを選ぶなら…
TFCC損傷用サポーターランキング
TFCC損傷に”直”に効く!
TFCC損傷に効くサプリメント
その他情報

にほんブログ村へ...
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ

人気ブログランキングへ...

FC2ブログランキングへ...

リンク集