TFCC損傷の湿布を使った治療の効果

手首の小指側の痛み、TFCC損傷は湿布では治らない?

痛い!そのような症状を感じた時、大抵の人はとりあえず湿布を貼っておこうと思うようです。

 

では、手首の小指側に痛みの出るTFCC損傷に対して、湿布は効果的なのでしょうか?

 

今回は、TFCC損傷は湿布で治るのか・治らないのかについて解説します。

 

病院に行けば必ず湿布を処方されるし、効果がないってことはないんじゃないか...。最悪、効果はなくても害はないでしょ!そう思いますよね?

 

湿布の本当の効果について理解を深めましょう!

 

手首の痛みTFCC損傷に湿布は効果なし?

湿布には3つの効果があります。それは、鎮痛・消炎・冷感(温感)効果です!

 

これらの効果をみると、TFCC損傷に効き目がとてもありそうですよね?

 

手首の小指側の軟骨や靭帯の損傷ですから、痛みと炎症を抑えてくれる効果のある湿布なら貼れば効くはずです。

 

しかし、1ヶ月近く湿布を張り続けても、痛みに波はあるもののなかなか治らないという人がほとんどです!なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

 

60ed1eadbe9821f8355c40506ab8b56d_s

 

湿布ではTFCC損傷は治らないの?

「湿布の持つ効果」と「TFCC損傷の症状」を見比べると、効きそうだというのはわかっていただけたと思います。

 

しかし、現実では治らない!原因は2つあると考えられます。

 

1つ目は、湿布が効いてもその後に再発しやすいことでしょう。湿布を貼って痛みや炎症を抑えても、またすぐに手首を動かすことで痛みが出てくるのです。

 

TFCC損傷はある程度安静にしていると痛みがおさまるため、「治った」と勘違いしがちです!

 

湿布は確かに手首の痛みや炎症を減らしてくれる効果があります。しかし、その薬の作用のおかげで動かせるようになるので、動かしてしまい悪化や再発を繰り返すのです!

 

2つ目は、手首の痛みの原因がTFCC損傷だけではない場合でしょう。手首の小指側に痛みをもたらす原因はTFCC損傷だけではありません。

 

そのため、湿布である程度TFCC損傷の炎症を抑えることが出来ても、他の原因からくる痛みを抑えることは出来ないのです。

 

例えば、手首を動かす前腕の筋肉が凝り固まっていると手首の痛みの原因になります!これは肩こりなどと同じ仕組みですね!

 

このように、手首の小指側の痛みに湿布が効かないのには原因があったのです。

 

病院での治療は基本的には保存療法(対症療法)ですから、まずは湿布で炎症と痛みを抑えて安静にするということが第一と考えています。

 

つまり、TFCC損傷や手首の痛みの根治という意味では湿布はあまり向いていないと言えます!

 

もし、あなたがTFCC損傷を原因の根本から治したいと考えているなら...

 

・「もう手術しかない」と言われたTFCC損傷にも効果を発揮!
→ 10万人の患者を治した!完全版TFCC損傷治療法マニュアル

 

・どのサポーターを買っていいかわからないあなたにおすすめ!

→ TFCC損傷用サポーターランキングトップ3

 

・期間限定公開!TFCC損傷の原因に”直”で効くサプリメント!

最新の軟骨再生サプリメントの効果の秘訣とは?

 






※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サポーターを選ぶなら…
TFCC損傷用サポーターランキング
TFCC損傷に”直”に効く!
TFCC損傷に効くサプリメント
その他情報

にほんブログ村へ...
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ

人気ブログランキングへ...

FC2ブログランキングへ...

リンク集