TFCC損傷の痛みの原因は手首の小指側の尺骨

TFCC損傷の原因となる尺骨突き上げ症候群とは?

手首の小指側の骨「尺骨」が手首の親指側の骨「橈骨」よりも長いと、手首の小指側に痛みのでるTFCC損傷になりやすいといわれています。

 

このように、尺骨の長さが普通より長く手首に痛みを感じる状態を「尺骨突き上げ症候群」といいます!

 

今回は、TFCC損傷の原因となる尺骨突き上げ症候群について詳しく解説します。

 

TFCC損傷になり湿布やサポーターによる保存療法で治ったのに再発するというのを何度も繰り返す場合は、尺骨の長さが関係していることが多いです。

 

手首の小指側に痛みのでる尺骨突き上げ症候群とは?

ほとんどの人は尺骨と橈骨の長さは同じくらいですが、生まれつき尺骨が長い場合や怪我等による橈骨が変形した場合に尺骨突き上げ症候群を発症します。

 

前腕側の尺骨と手側の手根骨がぶつかることによって、関節に炎症が起こるのです。

 

症状はTFCC損傷とほぼ同じで、主に手首の小指側の痛みに悩む方が多いです。投薬や固定による保存療法による治療が施される場合が多いですが、それでも症状が改善されない場合や明らかに尺骨が長い場合は尺骨短縮手術が行われます。

 

skeleton-778117_640

 

尺骨突き上げ症候群はTFCC損傷の原因に!

尺骨が長いことによって、手首の小指側にある靭帯や軟骨が圧迫されて損傷しやすいのは容易に想像できるでしょう!

 

尺骨突き上げ症候群とTFCC損傷はほとんどセットで考えられるくらい、密接に関係しています。手首の小指側が痛い場合、病院でレントゲンを撮ったときには必ず尺骨の長さを気にします。

 

このような尺骨の長さが原因のTFCC損傷は保存療法今起こっている損傷を治すことは出来ても、またすぐに再発する可能性が高いです。原因を何も解消していませんからね!

 

ですから、尺骨が明らかに長い場合は、手術によって骨を短くすることが多いですね。手術後は靭帯の長さは変わらず骨の長さが変わるわけですから、手首の動きが多少悪くなることもあるようです。

 

このように、生まれつき尺骨が長かったり、橈骨の怪我によって相対的に尺骨が長くなったりする「尺骨突き上げ症候群」によってTFCC損傷が起こることもあるのです!

 

自分の尺骨の長さが気になる方は、病院でレントゲンを撮ってもらうといいでしょう。

 

もし、あなたがなかなか治らない手首の痛みにお悩みなら...

 

・「もう手術しかない」と言われたTFCC損傷にも効果を発揮!
→ 10万人の患者を治した!完全版TFCC損傷治療法マニュアル

 

・どのサポーターを買っていいかわからないあなたにおすすめ!

→ TFCC損傷用サポーターランキングトップ3

 

・期間限定公開!TFCC損傷の原因に”直”で効くサプリメント!

最新の軟骨再生サプリメントの効果の秘訣とは?

 






※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サポーターを選ぶなら…
TFCC損傷用サポーターランキング
TFCC損傷に”直”に効く!
TFCC損傷に効くサプリメント
その他情報

にほんブログ村へ...
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ

人気ブログランキングへ...

FC2ブログランキングへ...

リンク集