TFCC損傷からテニスに復帰するためのリハビリ

TFCC損傷は完治が難しい!?テニス復帰に向けた対策とは?

TFCC損傷は、テニス肘と同じくらいテニスをしている競技者に多い怪我です。手首の小指側に痛みが出るため、サーブやストロークを打てない状態になります。

 

また、治療やリハビリで長期間復帰できないため、TFCC損傷の痛みを我慢しながらサポーターで固定してプレーを続ける方も見かけます。

 

今回は、TFCC損傷からテニスに復帰するためのリハビリや対策について解説します!

 

完治が難しいというイメージの強い手首の怪我ですが、しっかりと治療とリハビリを行えば、テニスに復帰できるようになりますよ。

 

TFCC損傷がテニスで再発する原因とは?

 

テニスでTFCC損傷が再発する原因は、損傷が治まった三角繊維軟骨複合体がまだテニスで手首にかかる負荷に負けてしまうからです。

 

当サイトでは、TFCC損傷の基本的な治療法とリハビリに関しては様々な角度から情報を提供できるように心がけています。

 

しかし、テニスのように手首に負担のかかりやすいスポーツに復帰するためには、基本的なリハビリを積み重ねた後にテニス用リハビリをする必要があります。

 

焦らずに一歩一歩進めば、サポーターなしでもテニスが出来るようになりますよ!

 

rafael-nadal-288554_1280

 

TFCC損傷の再発防止に!テニス用リハビリ方法

テニス用のリハビリを始める時は、基本的なリハビリを終えて手首が良い状態に整っているようにしましょう。基本的なリハビリについては、「TFCC損傷のリハビリメニュー」の記事を参考にしてください。

 

テニスに復帰するために大切なのは、「手首に負担のかからない打ち方に変えること」と「徐々に負荷を上げること」です。

 

まず、手首に負担のかからない打ち方に変えることについて。簡単にいうと、テニスのどのショットのスイングでも手首が尺屈・橈屈方向には動かないような打ち方に改善するということです。

 

そもそもテニスでTFCC損傷になった人は、いわゆる「手打ち」で手首から先を使ってボールに勢いや回転を与えようとする悪いフォームでボールを打っていることが多いです。

 

基本的には、上達のためにも手首を尺屈・橈屈方向に動かすのはやめましょう。最初は、回転がかからないように感じるかもしれませんが、慣れてくると上手くスイングの中で手首を使わずに回転をかけられるようになるはずです。

 

次に、徐々に負荷を上げることについて。基本のリハビリを終えたからといって、いきなりラケットとボールを使ってラリーを始めたら、必ずといってくらいの確率でもう一度手首を痛めるでしょう。

 

プロが怪我から復帰する時もそうですが、最初はスポンジボールでのミニラリーから始めて感覚を確かめながら、カラーボールやイエローボール(普通の硬式球)へと段階を踏むべきなのです。

 

特に最初は打ち方の改善もしなくてはいけませんから、簡単なボールでゆっくりとラリーを続けるようにするべきです。

 

このように、テニスに復帰するためには基本のリハビリ以外にも気を付けるべきことがあるのです。怪我をするとわかることですが、意外と大きな負担が手首にかかっていたことが感じられるはずです。

 

もちろん、テニスが終わったらマッサージやストレッチで腕を中心に全身の筋肉や関節をほぐすように心がけましょう!

 

もし、あなたがまだTFCC損傷の痛みにお困りなら...

 

・「もう手術しかない」と言われたTFCC損傷にも効果を発揮!
→ 10万人の患者を治した!完全版TFCC損傷治療法マニュアル

 

・どのサポーターを買っていいかわからないあなたにおすすめ!

→ TFCC損傷用サポーターランキングトップ3

 

・期間限定公開!TFCC損傷の原因に”直”で効くサプリメント!

最新の軟骨再生サプリメントの効果の秘訣とは?

 






※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サポーターを選ぶなら…
TFCC損傷用サポーターランキング
TFCC損傷に”直”に効く!
TFCC損傷に効くサプリメント
その他情報

にほんブログ村へ...
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ

人気ブログランキングへ...

FC2ブログランキングへ...

リンク集