手首の小指側の痛みに効果的なストレッチのやり方

TFCC損傷の痛みをストレッチで軽減!安静よりも効果的な対処法とは?

TFCC損傷というと手首の捻挫や靭帯損傷というイメージが強いため、安静をにすることが大切だとされています。

 

しかし、実際に感じている手首の小指側の痛みはTFCCを損傷したことによって起こる痛み以上に、前腕の筋肉の凝り固まりによる関連痛が大きいことがあります。

 

今回は、TFCC損傷の痛みを緩和するストレッチのやり方について解説します!

 

「手首が痛いけど原因は手首以外にある」という不思議なことが人には起こるのです。手首の痛みが強く耐えられないという方はぜひ読んでみて下さい。

 

手首の強い痛みは前腕の関連痛が原因かも?

 

安静にしていれば、手首の小指側の炎症は治まるはずですが、手首を痛めてから時間が経ったものの強い痛みが引かないという方も少なくありません。

 

これは、TFCC損傷が完治していないというわけではなく前腕からの関連痛が原因になっている可能性があります!

 

関連痛という考え方は、マッサージや鍼灸では多く取り入れられています。関連痛を引き起こすトリガーポイントと呼ばれる部分の不調を取り除くことで痛みを緩和します。

 

では、どのようにすればあなたを苦しめる関連痛を緩和することが出来るのでしょうか?

 

acupuncture-568136_640

 

手首の関連痛を抑える前腕のストレッチ&マッサージ法とは?

TFCCの炎症が治まってきたものの、手首の小指側に痛みを感じる場合は前腕にあるトリガーポイントの不調をストレッチやマッサージによって取り除くことで関連痛を緩和することが出来ます!

 

簡単にいうと前腕の凝り固まった筋肉をほぐすことが、手首痛を緩和することにつながるということです。

 

具体的なトリガーポイント(肘の外側近くの前腕)もあるのですが、前腕の中で押すとコリを感じる部分や手首の小指側に響くような部分を中心にほぐすといいでしょう!

 

そのやり方としては、コリ固まっている部分を逆の手で潰すように押し、そのまま前腕を回内・回外させてゴリゴリと痛気持ちいくらいに刺激を与えるといいでしょう。

 

そうすることで筋肉がストレッチされて、トリガーポイントの血流が良くなり柔軟性が高まるため手首の関連痛が減るでしょう。

 

このように、意外と知られていませんが手首の小指側の痛みはTFCC損傷だけでなく前腕の筋肉の不調による関連痛によっても引き起こされているのです!

 

TFCC損傷の重症度によって変わってきますが、手首の炎症が治まり次第関連痛の対処も行うといいでしょう。

 

なかなか治らない手首の痛みには深い原因が眠っている可能性が高いので、その原因を根本から治す姿勢を忘れないようにしましょう...

 

・「もう手術しかない」と言われたTFCC損傷にも効果を発揮!
→ 10万人の患者を治した!完全版TFCC損傷治療法マニュアル

 

・どのサポーターを買っていいかわからないあなたにおすすめ!

→ TFCC損傷用サポーターランキングトップ3

 

・期間限定公開!TFCC損傷の原因に”直”で効くサプリメント!

最新の軟骨再生サプリメントの効果の秘訣とは?

 






※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントは4件です

  1. […] 参考記事:TFCC損傷に効果的なストレッチの方法 […]

  2. […] 参考記事:手首の小指側の痛みはTFCC損傷ではなく関連痛の可能性 […]

  3. […] 引用元: TFCC損傷の痛みをストレッチで軽減!安静よりも効果的な対処法とは? […]

  4. […] 引用元: TFCC損傷の痛みをストレッチで軽減!安静よりも効果的な対処法とは? […]

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サポーターを選ぶなら…
TFCC損傷用サポーターランキング
TFCC損傷に”直”に効く!
TFCC損傷に効くサプリメント
その他情報

にほんブログ村へ...
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ

人気ブログランキングへ...

FC2ブログランキングへ...

リンク集