PC・スマートフォンが原因の手首の痛みTFCC損傷とは

パソコン・スマホのやりすぎがTFCC損傷の原因に!?

パソコンやスマートフォンが普及して、長時間やりすぎる「ネット依存」が社会問題になっています。

 

実は、PCやスマホをやりすぎることがTFCC損傷やテニス肘などの手首や肘の痛みの原因になっていることも少なくありません!

 

今回は、このような指や手首の使い過ぎが原因のTFCC損傷について解説します。

 

スマホに関しては持ち方によっては小指の骨の形が変わってしまう人もいて、一時話題にもなりましたよね?便利ですが、健康を害するような使い方は避けたいものです...

 

スマホやパソコンが身体に不調をもたらす理由とは?

スマホやパソコンの使い過ぎはTFCC損傷やテニス肘に留まらず、肩こりや首こり、腰痛など様々な原因になっています!

 

なぜなら、悪い姿勢で長時間固定されるからです。

 

これらの機器を使う際には重い頭が必ず前傾し、首や背骨に負担がかかるような姿勢になります。その上、長時間その姿勢でいることで計り知れない負担が身体にかかっているのです!

 

そうすると、腰や背中のバランスも崩れ、肩から先の肘や手は体幹部と連動しなくなり...と悪循環を生むのです!

 

office-1081807_640

 

スマホやパソコンを使う際に気を付けるべきこと!

 

TFCC損傷などの身体の末端部の怪我でも、先に説明したような全身の歪みが原因になっているケースは全く珍しいことではありません!

 

では、どのようなことに気を付けてスマホやパソコンを使えばいいのでしょうか?

 

気を付けることは2つで、「使用時の姿勢」と「使用時間」が挙げられます。

 

まず、使用時の姿勢について。なるべく頭が背骨の上にしっかりと乗っている状態で使うことが大切です!

 

頭が背骨に対して真っ直ぐに乗っていない状態は首や背骨に大きな負担を与え、それをカバーするように周辺の筋肉が働き疲労してしまいます。

 

また、肘を机の上に付いたり、手首の角度が自然でないまま使用したりすると肘や手首にかかる負担は大きくなるため注意が必要です。

 

姿勢は癖になっている部分も大きいので、一度見直してみるといいでしょう!

 

次に、使用時間について。長時間使わないことが何よりも大切ですが、どうしても長い時間パソコン作業する場合1時間に1回は休憩してストレッチや散歩を行うことが大切です。

 

長時間同じ姿勢でいることは体にとって大きな負担になります!座っている場合は股関節周りの血流が悪くなりますし、姿勢を支持する体幹部の筋肉が疲労してしまい正しい姿勢を取れなくなってしまうことがあります。

 

このように、スマートフォンやパソコンの使い過ぎによる体の不調を防ぐためには姿勢や使用時間に注意することが大切です!

 

慢性的な身体の歪みからくるTFCC損傷は様々な保存療法を行っても、原因が解消されないためなかなか治らないことが多いです。

 

もし、長期間手首の痛みにお悩みなら、身体の根本からの治療が必要かもしれません...

 

・「もう手術しかない」と言われたTFCC損傷にも効果を発揮!
→ 10万人の患者を治した!完全版TFCC損傷治療法マニュアル

 

・どのサポーターを買っていいかわからないあなたにおすすめ!

→ TFCC損傷用サポーターランキングトップ3

 

・期間限定公開!TFCC損傷の原因に”直”で効くサプリメント!

最新の軟骨再生サプリメントの効果の秘訣とは?

 






※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サポーターを選ぶなら…
TFCC損傷用サポーターランキング
TFCC損傷に”直”に効く!
TFCC損傷に効くサプリメント
その他情報

にほんブログ村へ...
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ

人気ブログランキングへ...

FC2ブログランキングへ...

リンク集