TFCC損傷の痛み止めにはロキソニンテープ

手首に激痛!TFCC損傷にはロキソニンテープがおすすめ

 

怪我や病気の治療では、痛み止めを日常生活に支障の出る強い痛みがある場合の対処法として使います。

 

特にTFCC損傷は手首に激痛を伴うこともあるので、鎮痛効果の高い痛み止め成分がおすすめです。

 

今回は、そんなTFCC損傷の痛みに効果的なロキソニンテープ(湿布)やロキソニン(錠剤)について解説します。

 

手首の激痛に悩まされているという方は、一度使ってみてはいかがでしょうか?

 

「痛みを無理に薬の効果で消すのは良くない!」という意見はもっともです。しかし、使い方さえ間違えなければ治療期間の生活の質を高めることが可能なのです!

 

強い痛みを伴うTFCC損傷にはロキソニンがオススメ!

「痛みが強くて眠れない」、「日常生活にも支障が出るほど痛い」という場合は、痛み止めを使うことをおすすめします。

 

特に、ロキソプロフェンという消炎鎮痛成分を含む錠剤・ロキソニンや湿布・ロキソニンテープがおすすめです。

 

なぜなら、炎症系の痛みに対して高い効果を発揮するからです!

 

ロキソニンは非ステロイド性鎮痛抗炎症剤(ボルタレン、インドメタシンなど)に分類され、その中でも高い鎮痛効果を発揮します。

 

しかし、効果・効能の強い薬というのは往々にして副作用もあるものです...。

 

0875f657e4079c73af180c1e4b362dbc_s

 

TFCC損傷治療でロキソニンを使う際の副作用と注意点

 

では、ロキソニン等の痛み止めを使う際に気を付けるべきこととはどのようなことなのでしょうか?

 

病院で処方された場合は処方箋に、薬局などで買った場合は薬の説明書に用法・容量について書いてありますから、その通りに使えばまず問題はありません!

 

痛み止めの副作用としては主に胃腸などの消化器系の不調が見られます。しかし、最近の薬はロキソニンも含めて胃腸を守る役割を果たす成分を含んでいるため、あまり気にしすぎる必要はないでしょう。

 

また、副作用とは違いますが、痛み止めを使う際には気を付けるべきことがあります。

 

それは、痛みが消えることで痛みのある状態ではできなかった動作が出来てしまうことです。

 

手首に痛みを感じている状態であれば、腕や手を酷使することはまずありません。しかし、痛み止めを飲んで仕事や家事に取り組むことで無意識に手首に負担のかかる動作をしてしまう恐れがあるのです。

 

すると、知らず知らずのうちにTFCC損傷が悪化し、痛み止めが切れる頃には痛みがさらに強くなってしまうことがあるのです!

 

このように、TFCC損傷の治療では痛み止めの長所と短所をしっかりと理解して使うことが大切です!

 

 

定期的に痛み止めを打ってごまかしながら生活してきたけど、これからは完治を目指して治療したいという方は...

 

・「もう手術しかない」と言われたTFCC損傷にも効果を発揮!
→ 10万人の患者を治した!完全版TFCC損傷治療法マニュアル

 

・どのサポーターを買っていいかわからないあなたにおすすめ!

→ TFCC損傷用サポーターランキングトップ3

 

・期間限定公開!TFCC損傷の原因に”直”で効くサプリメント!

最新の軟骨再生サプリメントの効果の秘訣とは?

 






※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サポーターを選ぶなら…
TFCC損傷用サポーターランキング
TFCC損傷に”直”に効く!
TFCC損傷に効くサプリメント
その他情報

にほんブログ村へ...
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ

人気ブログランキングへ...

FC2ブログランキングへ...

リンク集