TFCC損傷からテニスに復帰する時にはサポーターを!

TFCC損傷でも、サポーターで固定すればテニスに復帰できる?


テニス等のラケットスポーツをする人は、TFCC損傷になりやすい傾向にあります。手首や肘や肩を酷使するのが原因でしょう!

 

また、TFCC損傷は保存療法で痛みが落ち着いても、テニスに復帰すると再発や悪化を繰り返すことが多いため完治が難しい怪我と言えます。

 

今回は、そんなTFCC損傷からテニス等に復帰する際に使えるサポーターの効果について解説します。

 

サポーターは使用効果や使い方について正しく理解して使えば、TFCC損傷の治癒の手助けになります。

 

TFCC損傷の治療におけるサポーターの役割とは?

病院でTFCC損傷と診断された場合、一定期間安静にするようにいわれます。そして、手首の小指側の炎症が治まってくると痛みが緩和されてきます。

 

しかし、冒頭でも書きましたが、そのまま手首に負担のかかる生活をすると必ずといっていいほど炎症が再発し、痛みが出てきます。

 

サポーターは、このような再発や悪化を起こしにくくする効果があります!

 

では、どのくらいの症状になったら、サポーターを巻いた状態でテニスに復帰しても大丈夫なのでしょうか?

 

kim-clijsters-288567_640

 

TFCC損傷からテニスに復帰する際の注意点とは?

TFCC損傷からテニスに復帰する場合は慎重になる必要があります!

 

痛みが全くなくなり完治したかと思える状態になっても、テニスでボールを打つ際に手首が尺屈すると手首の小指側に負担がかかり、痛みが一瞬にして再発することが多いです。

 

そのため、手首の痛みが落ち着いたら手首が尺屈しにくくなるように手首周りの前腕の筋肉を強化したり、打ち方を変えたりする必要があります!

 

そして、そのようなリハビリや打ち方の改善をした後に、手首をサポーターで固定して出来れば素振りやスポンジボールなど負担の少ない練習方法から始めるのがベストです。

 

このように、テニスに復帰する際にはリハビリなど万全の対策をしてから、サポーターを保険として使う程度に考えるべきです。

 

固定力の高いサポーターを使っても、テニスでかかる負担を全てサポート出来るわけではありませんからね!

 

サポーターの効果を過信せずに、効果的な使い方が出来るようになりましょう。

 

もし、あなたがTFCC損傷の痛みやなかなか改善しない状態にお悩みなら...

 

・「もう手術しかない」と言われたTFCC損傷にも効果を発揮!
→ 10万人の患者を治した!完全版TFCC損傷治療法マニュアル

 

・どのサポーターを買っていいかわからないあなたにおすすめ!

→ TFCC損傷用サポーターランキングトップ3

 

・期間限定公開!TFCC損傷の原因に”直”で効くサプリメント!

最新の軟骨再生サプリメントの効果の秘訣とは?

 






※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サポーターを選ぶなら…
TFCC損傷用サポーターランキング
TFCC損傷に”直”に効く!
TFCC損傷に効くサプリメント
リンク集