TFCC損傷の手術後のリハビリメニューと期間

TFCC損傷の手術後にかかるリハビリ期間と完治までの流れ!


TFCC損傷になると治療の最終手段として手術に踏み切る人も多くいます。手術自体はさほど難しいものではありませんが、術後の固定やリハビリにかかる期間がネックになります!

 

手術後の完治までの道のりは意外と厳しいようです...。

 

今回は、手首の小指側に痛みの出るTFCC損傷の手術後のリハビリと完治までにかかる期間とその流れについて解説します。

 

リハビリは手首の機能を取り戻し、日常生活に復帰するために重要なパートになります!焦らずに取り組みましょう。

 

TFCC損傷の手術後から完治までにかかる期間は?

手首の小指側の痛みが再発や悪化を繰り返す悪循環に陥ってしまった場合は、病院で手術を勧められることが多いです。

 

しかし、冒頭にも書きましたが、手術後から完治に至るまでには長い期間のリハビリが必要になります。

 

手術直後は、肘まで覆うギブスで約半月固定した後に、手首を覆うギブスで約1カ月固定します。そして、固定期間が終わったら、病院でリハビリを始めます。

 

手術と固定によって動きの悪くなった手首に元々の機能を取り戻させたり、TFCC損傷が再発しないような対策をしたりします!

 

この、固定+リハビリを終えて完治するまでには、平均で術後6ヶ月から1年ほどの期間がかかると言われています。

 

つまりリハビリには4ヶ月以上の期間がかかるわけです...。

 

time-273857_640

 

手術後のTFCC損傷のリハビリ内容とは?

固定のギブスが外れると、病院でリハビリを習い始めます。

 

まずは、手のグーパー運動のような一見簡単な動きから始めますが、自分でも信じられないくらい上手く動かすことが出来なくなっています。特に小指や薬指の動きに影響が出るという体験談も良く見かけます。

 

もちろん手術の影響もありますが、その後の長期間の固定によって筋肉が自身の役割を忘れていたり、関節が動きにくくなっていたりするのです。

 

その後は、固定することによってむくんでいる手のマッサージ、手首の上下をひたすら続けます。

 

最初の数週間は全く動かず、普段の生活を送ることもままならないです。

 

また、リハビリは手首の小指側の靭帯の再建手術をした場合も、尺骨短縮手術をした場合もかなりの痛みを伴うため、相当我慢強さが必要になります。

 

これらのリハビリを約4~6ヶ月程度乗り越えると、生活をする範囲では手首の機能は十分に戻ってきます。

 

このように、手術後から完治までのリハビリは想像している以上に痛み的にも精神的にも辛いものです。

 

もし、あなたが手術をしようか迷っているなら、今一度この治療法を試してみて下さい...

 

・「もう手術しかない」と言われたTFCC損傷にも効果を発揮!
→ 10万人の患者を治した!完全版TFCC損傷治療法マニュアル

 

・どのサポーターを買っていいかわからないあなたにおすすめ!

→ TFCC損傷用サポーターランキングトップ3

 

・期間限定公開!TFCC損傷の原因に”直”で効くサプリメント!

最新の軟骨再生サプリメントの効果の秘訣とは?

 






※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サポーターを選ぶなら…
TFCC損傷用サポーターランキング
TFCC損傷に”直”に効く!
TFCC損傷に効くサプリメント
リンク集