TFCC損傷の診断にはMRIの画像診断

TFCC損傷の診断はMRIを使わないと出来ないの?


TFCC損傷の診断はレントゲンでは出来ず、MRIを使った画像診断を行う必要があります。

 

もちろん、手首の小指側に痛みがあるという時点でTFCC損傷である可能性が高いですが、靭帯を含む三角繊維軟骨の損傷具合など詳しい状態はわかりません!

 

今回は、なぜレントゲンではTFCC損傷の診断は出来ず、MRIを使った画像診断が必要になるのかを解説します。

 

MRIを使う場合は地域にある整形外科ではなく、施設の整った大きな病院を紹介してもらう必要があり、費用もかなりかかります!

 

あなたもお医者さんに任せっきりにならずに、きちんとMRIとレントゲンの違いを理解して、有意義な診断結果を得ましょう!

 

TFCC損傷についてレントゲン・MRIで分かること

TFCC損傷は手首の小指側に位置する三角繊維軟骨とその周辺の靭帯(三角繊維軟骨複合体)の損傷のことを指します。

 

基本的にどの整形外科にもあるレントゲン(X線)を使った画像診断では、骨は写るものの靭帯や軟骨は写りません。

 

一方で、大きな病院にあるMRIを使った画像診断では、骨や靭帯や軟骨を写すことが出来ます。

 

つまり、MRIを撮らないとTFCCの損傷がどのくらい起こっているのか分からないのです!

 

27136872000_de2462e83f_o

 

MRIの画像診断でTFCC損傷か否かは確定する!

実際の現場では、お医者さんは問診や触診とレントゲン写真をみて複合的に考えることで、TFCC損傷か否かをある程度判別することが出来ます!

 

手首の小指側の骨(尺骨)の長さや、手首の痛みの出る位置や痛みの程度などを参考にします。

 

しかし、実際の軟骨や靭帯の状態はわからないため、確定することは出来ません。

 

つまり、MRIというのはTFCC損傷かどうか、どのくらいの重症度なのかをはっきりとさせるためにとるのです。

 

今すぐ手術が必要なほど傷んでいるのか?保存療法で良くなる見込みがあるのか?などを実際の患部の状態を見ることで決めるのです。

 

ですから、痛みが強い場合やなかなか完治せずに再発や悪化を繰り返している場合には、大きな病院を紹介してもらい、一度MRIによる画像診断を受けた方が賢明でしょう!

 

ただサポーターで固定して安静にしているだけでは治らないほど三角繊維軟骨複合体が傷んでいる可能性がありますからね。

 

このように、MRIとレントゲンには写るものに違いがあり、TFCC損傷の診断にはMRIが必要になるのです!

 

もし、あなたがTFCC損傷だと診断されたなら、今すぐこの治療法を試してみて下さい...

 

・「もう手術しかない」と言われたTFCC損傷にも効果を発揮!
→ 10万人の患者を治した!完全版TFCC損傷治療法マニュアル

 

・どのサポーターを買っていいかわからないあなたにおすすめ!

→ TFCC損傷用サポーターランキングトップ3

 

・期間限定公開!TFCC損傷の原因に”直”で効くサプリメント!

最新の軟骨再生サプリメントの効果の秘訣とは?

 






※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サポーターを選ぶなら…
TFCC損傷用サポーターランキング
TFCC損傷に”直”に効く!
TFCC損傷に効くサプリメント
リンク集