TFCC損傷で使える手首用サポーターの種類と効果

手首の小指側の痛み!TFCC損傷用サポーターの種類と特徴とは?


TFCC損傷はプロスポーツ選手から一般人までなる、手首の小指側に痛みの出る怪我です。完治したと思っても再発や悪化を繰り返すことが多いです。

 

そんなTFCC損傷の治療法で最もメジャーなのが、サポーターやテーピングで固定をして安静を保つ方法です。

 

今回は、TFCC損傷の治療に使える手首用サポーターの種類とそれぞれの効果の特徴について解説します!

 

手首の可動域を狭めて安静を保つことで、炎症を抑えることが出来ます。ぜひ各サポーターの効果を正しく理解して使いましょう。

 

TFCC損傷に使える手首用サポーターの種類とは?

手首用サポーターには大きく分けて2種類のタイプがあります。

 

1つは、バンド型サポーターと呼ばれ、手首に巻き付けてマジックテープで固定するタイプのものです。手首を強く固定することが出来ます。

 

もう1つはスリーブ型サポーターと呼ばれ、手首から前腕にかけてを覆うように通すタイプのものです。手首や腕を圧迫・保温することが出来ます。

 

では、これらのサポーターはTFCC損傷にどのような効果をもたらすのでしょうか?

 

3075273153_7762c844dc_z

 

TFCC損傷の治療に効果のあるサポーターとは?

まず、前者のバンド型サポーターは手関節の固定力に優れているため、尺骨突き上げ症候群や靭帯が炎症を起こしている状態の時に手首を安静に保つ効果が期待できます。

 

そのため、バンド型サポーターは今起きている手首の炎症が悪化しないようにする効果があるでしょう。

 

一方で後者のスリーブ型のサポーターは手関節と前腕を圧迫・保温することで患部周辺の血流を良くする効果が期待できます。

 

そのため、スリーブ型サポーターは日常生活の中で手首や腕に溜まる負担を減らす効果があると言えます。

 

つまり、すでに手首に痛みを抱えていて炎症が起きている場合はバンド型サポーターで強めに手首を固定して安静を保ち、治りかけのTFCC損傷の悪化や再発防止をしたい場合はスリーブ型サポーターで手首周りの血行を良くするようにするといいでしょう!

 

このように、それぞれの手首用サポーターの効果を正しく理解して使い分けることが大切です。

 

もし、あなたがTFCC損傷の治療法やサポーター選びでお悩みなら、ぜひ参考にしてみて下さい...

 

・「もう手術しかない」と言われたTFCC損傷にも効果を発揮!
→ 10万人の患者を治した!完全版TFCC損傷治療法マニュアル

 

・どのサポーターを買っていいかわからないあなたにおすすめ!

→ TFCC損傷用サポーターランキングトップ3

 

・期間限定公開!TFCC損傷の原因に”直”で効くサプリメント!

最新の軟骨再生サプリメントの効果の秘訣とは?

 






※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サポーターを選ぶなら…
TFCC損傷用サポーターランキング
TFCC損傷に”直”に効く!
TFCC損傷に効くサプリメント
リンク集