テニス等の趣味・運動がTFCC損傷の原因に!

TFCC損傷はテニス等のラケットスポーツが原因になるってホント?


趣味が原因で手首の小指側を痛めたという方は少なくありません。特にテニスやバドミントン等のラケットスポーツを頻繁にやる方はTFCC損傷になりやすいと言えます。

 

体に良いと思って始めた運動で、手首を痛めるとは本末転倒です!

 

今回は、一例としてなぜラケットスポーツがTFCC損傷の原因になるのか、について解説します。

 

もちろん、いくらテニスやバドミントンをしても手首を痛めない人もいます。体の丈夫さもありますが、実は原因さえ理解してしまえば対策出来るのがTFCC損傷なのです!

 

なぜテニスがTFCC損傷の原因に!?

結論からいうと、ラケットやバットを使うスポーツは間違ったスイングをすると手首に負担がかかりやすいからです!

 

間違ったスイングは、直接的に手首の三角繊維軟骨や靭帯を傷つけるだけでなく、手首を動かす前腕の筋肉を疲労させてしまうのです。

 

そして、疲労した前腕の筋肉は柔軟性を失い、テニス肘や手首の痛みの原因となるのです!

 

tennis-player-934848_640

 

テニスで手首の小指側に痛みを感じたら...

では、「間違ったスイング」とはどのようなスイングを指すのでしょうか?

 

テニスで、「意識的に手首を動かす・固めるようなスイング」は間違いだと言われます。

 

良くあるのは、「手首を上下に動かしてボールに回転を与えようとするスイング」や「手首が自然な形でない状態で固定されたままのスイング」です。

 

前者は、手首を尺屈(小指側に曲げる)した状態から橈屈(親指側に曲げる)するように動かすことを指します。これは、確実に手首や肘を痛める原因になります。

 

後者は、手首を背屈(手の甲側に曲げる)や掌屈(手のひら側に曲げる)したままテイクバック・打点・フォロースルーするスイングを指します。手首を固定することは、前腕の筋肉に疲労を溜めることにつながります。

 

これらの間違った手首の動きを自分のスイングからなくすことが出来れば、手首や肘にかかる負担が大きく軽減され、いくらテニスをしてもTFCC損傷になりにくい打ち方が出来るようになるでしょう!

 

要するに、手首を動かそうとしないことです。自然に足を踏ん張ることで生まれた力がラケットまで伝わるように、力まず・脱力しすぎずが大切なのです。

 

もし、あなたがすでに手首の痛みにお悩みなら、まずはしっかりと治す必要があります!治療法は。ぜひこちらを参考にしてみて下さい...

 

・「もう手術しかない」と言われたTFCC損傷にも効果を発揮!
→ 10万人の患者を治した!完全版TFCC損傷治療法マニュアル

 

・どのサポーターを買っていいかわからないあなたにおすすめ!

→ TFCC損傷用サポーターランキングトップ3

 

・期間限定公開!TFCC損傷の原因に”直”で効くサプリメント!

最新の軟骨再生サプリメントの効果の秘訣とは?

 






※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サポーターを選ぶなら…
TFCC損傷用サポーターランキング
TFCC損傷に”直”に効く!
TFCC損傷に効くサプリメント
リンク集