手首の小指側が痛いTFCC損傷の原因

手首の小指側の痛み!TFCC損傷が起こる原因とは?


手首の小指側に痛みを感じるTFCC損傷に悩む人が急増しています!パソコンを良く使うサラリーマンや家事で忙しい主婦もなる怪我です。

 

捻挫や打撲をした覚えもない、原因不明のなかなか治らない手首痛は精神的にも堪えるでしょう...。

 

今回は、手首の小指側の痛みが出るTFCC損傷の原因について詳しく解説します!

 

「痛い!」という症状も嫌なものですが、その原因がわからないというのもなんだか気持ち悪いですよね?原因をはっきりとさせることが最短完治につながります。

 

原因不明の手首の痛みTFCC損傷とは?

まず、TFCC損傷の症状や特徴について解説します。

 

TFCC損傷とは、その名の通りTFCCの損傷のことです。TFCCとは三角繊維軟骨複合体、手首の小指側の軟骨とその周辺の靭帯をさします。

 

この軟骨や靭帯が傷み、炎症が起こることで痛みや腫れや熱感や痺れなどの症状が出るのです。

 

損傷は、捻挫や強い打撲による突発的なダメージが原因で起こることもあれば、慢性的に小さなダメージが積み重なるのが原因で起こることもあります。

 

では、具体的なTFCC損傷の原因についてみていきましょう。

 

doctor-1149150_640

 

手首の痛みTFCC損傷の原因を探せ!

治療をするにしても、まずは自分の手首の痛みがどのようなことが原因で起こったのかをはっきりさせることが大切です。

 

なぜなら、原因が日常生活のなかにある無意識的な癖にあった場合は、その癖をなおさないと悪化や再発を繰り返すことになるからです!

 

具体的な原因を挙げるので、自分に当てはまるものがないか探してみて下さい。

 

まず、突発的なダメージが手首に加わる原因について考えていきましょう。

 

よくあるのは、交通事故や転倒や捻挫などです。

 

どれも大きな衝撃が一気にTFCCに加わるため、損傷するのです。これらが原因で起こったTFCC損傷は自分でも、「あの手をついた時にやってしまった!」と分かるでしょう。

 

一方で、慢性的に小さなダメージが手首に加わり続ける原因はわからないことが多いです!

 

例えば、テニス等のスポーツをする人であれば手首を小指側に曲げるような動作がスイングの中に入っているとか、仕事中にパソコンを使うとき手首を不自然な形で固めたまま使っているとか本当に細かなところに原因があります。

 

一度、自分の行動を一日中観察してみるとどこかに手首や腕の使い方が不自然で負担のかかる使い方を無意識の内にしているはずです。

 

それでも原因が見つからないという方もいると思います。症例としては背骨の歪みが回りまわって手首の痛みにつながっているなんてこともありますからね!

 

もし、TFCC損傷を含めた原因不明の手首の痛みでお悩みなら、この治療法を試してみて下さい...

 

・「もう手術しかない」と言われたTFCC損傷にも効果を発揮!
→ 10万人の患者を治した!完全版TFCC損傷治療法マニュアル

 

・どのサポーターを買っていいかわからないあなたにおすすめ!

→ TFCC損傷用サポーターランキングトップ3

 

・期間限定公開!TFCC損傷の原因に”直”で効くサプリメント!

最新の軟骨再生サプリメントの効果の秘訣とは?

 






※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サポーターを選ぶなら…
TFCC損傷用サポーターランキング
TFCC損傷に”直”に効く!
TFCC損傷に効くサプリメント
リンク集