治らない手首の小指側に痛みの出るTFCC損傷

TFCC損傷って完治しないの?全く効果のない治療法!


手首の小指側に痛みの出るTFCC損傷はなかなか良くならないため、「一生完治しない」と噂される怪我です。

 

ネット上には、西洋医学的な治療法から東洋医学的な治療法まで様々な立場から正しい治し方を主張しているため、「痛みを我慢して手首を普段通り使った方が良い」という意見があったと思えば、「手首をサポーター等で固定した方が良い」という意見もあります。

 

今回は、TFCC損傷の完治に向けて全く効果のない治療法について解説します!

 

湿布、サポーター、テーピング、注射、鍼灸、マッサージ、電気、手術...。たくさんの治療法がTFCC損傷に対してとられますが、あまり効果のない治療法とはどのようなものなのでしょうか?

 

TFCC損傷に効果のある治療法とは?

冒頭にも書いたように、何を前提にするかによって「正しい治療法」というのは変わってきます。

 

西洋医学であればサポーターや薬を使いながら対症療法をしていくのが正しい治療法ですし、東洋医学であれば鍼灸を用いてツボを刺激し気や血流を良くするのが正しい治療法です。

 

最近は、これらの医学を混同しどちらが正しいのかを議論していることが多いように感じます。

 

どちらも間違いということはありませんし、その人の症状や体によって効果のある治療と効果のない治療は変わってきます!

 

doctor-563428_640

 

自分に合ったTFCC損傷の治療法の選び方

では、自分に合ったTFCC損傷の治療法はどのように選べば良いのでしょうか?

 

正直、これだけは様々な治療法を試してみるしかありません。大きく分けて以下の2種類の治療法がすぐに受けられるものでしょう。

 

最初はほとんどの方が病院にいって診断を受けるでしょう。病院では保存療法といって手術以外の薬やサポーターなどの装具を使って痛みの症状を抑えるような治療を受けます。

 

長くても3ヶ月は湿布や注射を用いながらTFCC損傷によって起こった炎症に直接アプローチしていきます。

 

一方で、あまりなじみがないかもしれませんが、鍼灸治療院での治療ははりやお灸を使ってツボを刺激することで、痛みの原因を解消します。

 

手首の痛みのトリガーポイントの凝り固まっている筋肉や腱等をほぐします。

 

両者の治療法の方針には、このような違いがあります。もしどちらかを試してみてなかなか治らないという状態が続いているなら、他方を試してみるといいでしょう。

 

もし、あなたが両方の治療法を試してみたものの完治しないという場合は、新たな治療法を試してみて下さい...

 

・「もう手術しかない」と言われたTFCC損傷にも効果を発揮!
→ 10万人の患者を治した!完全版TFCC損傷治療法マニュアル

 

・どのサポーターを買っていいかわからないあなたにおすすめ!

→ TFCC損傷用サポーターランキングトップ3

 

・期間限定公開!TFCC損傷の原因に”直”で効くサプリメント!

最新の軟骨再生サプリメントの効果の秘訣とは?

 






※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サポーターを選ぶなら…
TFCC損傷用サポーターランキング
TFCC損傷に”直”に効く!
TFCC損傷に効くサプリメント
リンク集